「セカンダリードミナントを使いこなそう!」

とにかくコレさえ理解すれば
転調は超ぉ〜楽になり
お洒落でカッコいいコード進行が作れるよ!!

「まずはkeyCに出てくるコードを考えよう」

keyCのスケールの上に
そのスケールの音を3度づつ重ねていくと
7つのコードができる。

これがkeyCに出てくるコードである。
もちろんCM7とFM7には6thの音が含まれる。
(M7と6は兄弟みたいな音だと覚えよう!)

「それぞれを仮のⅠ度と考える」

仮のⅠと言うことは
Ⅰ(C)は本物のⅠなので無し!
またBm7♭5は、Ⅰ(トニック)にはなれない
不安定な響きなのでコレにもない。

と言うことは、残りの5つのコードに
セカンダリードミナントが使えると言うことだ。

「ここで一歩踏み込んだ考え方」

仮のⅠ度と考えたコードに
仮のⅤ7を想定して考えていく。

ここで、もっと踏み込んで
仮にしてもせっかくのⅤ7の形なんだから
ツーファイヴの形にしてやれば
もっとカッコよくなる。

「マイナーkeyのツーファイヴ」

今まではメジャーkeyのツーファイヴばかり
考えてきたが、
マイナーkeyでは少し複雑になる。

例えばDm7を仮のⅠと考えると
Ⅰm7となりDmのkeyとなる。

すると今まではA7の前に
Em7を置いてやればよかったが、
マイナーkeyでは
Ⅱm7が♭5する方が自然なので
Em7♭5も考える必要がある。

「効果的なツーファイヴとは?」

上の例で言えば
Em7 A7 Dm7 と Em7♭5 A7 Dm7 では
Em7♭5の方が、より効果的だ。
なぜかと言うと、Em7はトニックCの代理コードなので
あんまりドキドキしないからである。
転調にならないからである。

なのでマイナーにいく仮のⅤ7には
仮のⅡm7とⅡm7♭5があるが、
元の曲のkeyと同じだと
あんまり効果が期待できないのだ。

「大好きな曲!!」

僕は歌謡曲育ちなので歌謡曲が大好きなのだが、
その中でも特別に好きな曲、それが
「哀愁のページ」南沙織である。

当時の歌謡曲には珍しく
M7から始まっている。

特に好きなのはサビだ。

FM7からB7、Em7からA7
まずここでクラっとし、
それから、コレはセカンダリーでは無いが、
Dm7からFm7へのサブドミナントマイナーで涙する。

このセカンダリーと
サブドミナントマイナーにしびれた。
もちろん中学生の僕は訳も分からずに好きだった。

「JAZZ系の作曲家たち」

筒美京平さんや村井邦彦さん
宮川泰さんや中村八大さんetc‥
僕の好きな尊敬する作曲家は
みんなJAZZ系である。

もちろんユーミンだってあっこちゃんだって好きだが、
彼女たちもみんなJAZZを学んでいるのだ。

宇多田もかなり勉強しているのがわかる。

「スティーヴィーも学んだ」

あのスティーヴィーも途中で
大学に入り学んだ。
あれだけ優れた感性やセンスがあってもだ。

どんなにいい音楽をいっぱい聴いて
感性を磨いても、
理論を勉強しないとダメだ。

もっと言えば
いい感性があるのなら
勉強してそれを活かせばいい。

すべてにおいて理論は近道なのだ。

自分の好きな音楽や好きなアーティストを
どんどん分析して自分のものにしていこう!

んでは、また。

質問があればお気軽にどうぞ!

shing118@music-inn-aisha.com

セカンダリーをもっと詳しく001.pdf

この記事へのコメント